農芸化学科の4年間の学び

人間生活に密着した
  バイオサイエンス

農芸化学科では、私たちの生活に関わりの深い食品や環境分野の問題を、バイオテクノロジーと最新のサイエンスによって解決することを目指しています。
微生物を用いた環境にやさしい技術の開発、美味しくて健康に良い食品の研究、植物生産や環境の資源である土壌の研究、動植物や微生物が生産する有用物質の検索など、農芸化学のフィールドには多くの重要な研究テーマがあります。
こうした分野で社会に貢献できる人材を育てるために、農芸化学科では豊富な学生実験(1・2年次)と2年間かけて取り組む卒業研究(3・4年次)をカリキュラムの中心に据えています。
バイオサイエンスの基礎知識と実験技術をもつ卒業生は、食品・医薬・化学などの分野で活躍しています。

一年次

田中 響農芸化学科1年

農芸化学の基礎に触れる

二年次

菅 駿太農芸化学科2年

自己成長が止められない

三年次

近藤 恭史農芸化学科3年

本当に自分が学びたいことを

四年次

長﨑 千尋農芸化学科4 年

4年間の集大成を仲間と