教員個人(研究室)ページ

食品生化学研究室
Food Biochemistry

担当教員: 竹中麻子 教授/農学博士

<研究略歴>

1990年 東京大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程中退、助手(東京大学農学部)
1997年 山形大学農学部助教授
2003年 明治大学農学部准教授(2012年より現職)

<主な担当科目>

食品化学、食品生化学、細胞生物学

<研究室所在>

第一校舎5号館6階602室

研究テーマ

食品成分を体が認識するメカニズム

 私たちは毎日多くの食品を食べていますが、摂取する食品成分が変化すると体内ではさまざまな変化が生じます。たとえば、タンパク質摂取量が不足した動物では、肝臓に脂肪が蓄積するという現象が古くから知られています。このとき、動物の体内では内分泌系(ホルモン)や神経系のはたらきがタンパク質欠乏に反応して変化し、筋肉で使わなくなったエネルギーを肝臓に脂肪として蓄積することで体内の恒常性を維持していると考えられます。このような変化のメカニズムにはまだ未解明の部分が多いため、私達は分子レベルでの解明を目指して研究を行っています。さらに、タンパク質栄養状態の悪化は肝臓だけでなく筋肉への脂肪蓄積も引き起こすため、この現象を家畜に応用して、脂質含量が高い(美味しい)レバーや食肉を生産するための基礎研究にも取り組んでいます。

 私たちが注目しているもう1つの食品成分はビタミンEです。これまでに、ビタミンE摂取量の不足が動物の不安行動を増加させることを明らかにしてきました。抗酸化ビタミンであるビタミンEの不足が脳の酸化ストレスを増加させて行動の変化を引き起こすと考えられますが、詳細なメカニズムは明らかになっていません。適切な栄養摂取が、体だけでなく、健康な精神活動の維持にも重要であることを示す興味深い結果であると考えています。

 

 具体的には、以下の内容について研究を進めています。

1)タンパク質の欠乏による体内のタンパク質・脂質代謝変動に関わるホルモンの研究

2)ビタミンE欠乏が不安行動におよぼす影響の研究

3)ビタミンE代謝の性差および動物種差に関する研究

 

 

・研究室メンバー:修士2年 0名;修士1年 4名;学部4年 8名;学部3年 7名

研究業績

  1. Takenaka, A., Annaka, H., Kimura, Y., Aoki, H., and Igarashi, K. (2003) Reduction of paraquat-induced oxidative stress in rats by dietary soy peptide. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 67(2): 278-283.
  2. Aoki, H., Kimura, K., Igarashi, K., and Takenaka, A. (2006) Soy protein suppresses gene expression of acetyl-CoA carboxylase alpha from promoter in rat liver. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 70: 113-119.
  3. Kimura K., Tawara S., Igarashi K., and Takenaka A. (2007) Effect of various radical generators on insulin-dependent regulation of hepatic gene expression. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 71: 16-22.
  4. Takenaka A., Kita A., Ikeya M., Arai H., and Igarashi K. (2007) Galactosamine-induced acute liver injury in rats reduces hepatic α-tocopherol transfer protein production. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 53: 366-371.
  5. Okura Y., Tawara S., Kawai E., Kikusui T., and Takenaka A. (2008) Dietary vitamin E deficiency increases anxiety-related behavior in rats. J. Clin. Biochem. Nutr., 43S1: 445-448.
  6. Okura Y., Tawara S, Kikusui T., and Takenaka A. (2009) Dietary vitamin E deficiency increases anxiety-related behavior in rats under stress of social isolation. BioFactors, 35(3): 273-278.
  7. Kimura K., Katsumata Y., Ozawa T., Tawara S., Igarashi K., Cho Y., Shibata N., Hakuno F., Takahashi S.-I., and Takenaka A. (2010) Effect of paraquat-induced oxidative stress on insulin regulation of insulin-like growth factor-binding protein-1 gene expression. J. Clin. Biochem. Nutr., 46(2): 157-167.
  8. Terada Y., Okura Y., Kikusui T., and Takenaka A. (2011) Dietary Vitamin E Deficiency Increases Anxiety-Like Behavior in Juvenile and Adult Rats. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 75(10): 1894-1899.
  9. Yori Ozaki, Tomoya Takeda, Narumi Akanishi, Fumihiko Hakuno, Yuka Toyoshima, Shin-Ichiro Takahashi, and Asako Takenaka (2014) Effects of insulin injection on enhanced insulin receptor substrate-2 (IRS-2) in the liver during dietary protein restriction. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 78(1): 130-138.
  10. Yori Ozaki, Kenji Saito, Kyoko Nakazawa, Morichika Konishi, Nobuyuki Itoh, Fumihiko Hakuno, Shin-Ichiro Takahashi, Hisanori Kato and Asako Takenaka Rapid increase in fibroblast growth factor 2 in protein malnutrition and its impact on growth and lipid metabolism. British Journal of Nutrition, 114: 1410-1418 (2015).
  11. Mami Horiuchi, Tomoya Takeda, Hiroyuki Takanashi, Yori Ozaki-Masuzawa, Yusuke Taguchi, Yuka Toyoshima, Lila Otani, Hisanori Kato, Meri Sone-Yonezawa, Fumihiko Hakuno, Shin-Ichiro Takahashi and Asako Takenaka1. (2017) Branched-chain amino acid supplementation restores reduced insulinotropic activity of a low-protein diet through the vagus nerve in rats. Nutrition and Metabolism, 14:59, doi: 10.1186/s12986-017-0215-1
  12. Yasuyo OSHIMA, Tasuku WATANABE, Shun ENDO, Shuichi HATA, Tuyoshi WATANABE, Kyoichi OSADA, Asako TAKENAKA. (2018) Effects of eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid on anxiety-like behavior in socially isolated rats. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 82(4): 716-723.

 

<主な著書・総説>

  1. 吉田勉監修(2008)「わかりやすい食品化学」,p108-127p144-157,三共出版

2.竹中麻子 ビタミンE欠乏はげっ歯類の不安行動を増加させる,ビタミン,83(3), 477-478,(2009).

  1. 竹中麻子 栄養摂取と動物の情動行動,化学と生物,48(4), 224-225,(2010)
  2. 竹中麻子 さまざまな生物におけるビタミンEの選択的体内輸送と機能,ビタミン,86(9),521-523,(2012.
  3. 加藤久典・藤原葉子編 (2014) 栄養科学イラストレイティッド 分子栄養学 p153-166,羊土社

6. 大倉悠毅,寺田裕紀,橋本理恵子,大橋広弥,大谷祐貴,徳永香南子,松本康志,高木真理,中間未祈子,遠藤駿,竹中麻子 ビタミンE欠乏と不安行動,ビタミン,