【プレスリリース】ラン藻の糖代謝経路の流れを決める重要な因子は“クエン酸” ~ラン藻を用いた二酸化炭素からの物質生産増に向けて~

●明治大学大学院農学研究科環境バイオテクノロジー研究室の伊東昇紀(博士後期課程1年)、小山内崇(准教授)らの研究グループは、物質生産に広く利用されているラン藻であるシネコシスティスの糖代謝経路の酵素が受ける一風変わった制御の機構と、その生理的意義を明らかにした。
●シネコシスティスの糖代謝の中核を担う酸化的ペントースリン酸(OPP)経路を構成する酵素の働きが、温度やpH及び代謝産物などによって、どのように調節されているか、これまでほとんど分かっていなかった。
●シネコシスティスのOPP経路の重要な酵素の性質を調べた結果、他の生物と異なり、シネコシスティスでは、クエン酸によって、OPP経路の酵素の働きが調節されていることが分かった。
●『クエン酸』という糖代謝を制御する重要な因子の発見は、シネコシスティスの代謝のコントロールを容易にして、有用な物質を生産しやすくすると考えられる。

詳しくは

News List